「悟り」って何だと思いますか?

 

実は、本来
人間は誰しもが
「悟り」を得る必要が
あるんですよ

知ってましたか?

 

 

座禅を組む、感情は乱れない、
何でもすぐに解る、
ブッダの様になる、
と思ってる人が多いようですが、
実はそれだけではありません。

 

り」とは
」と「(われ)」
の差を取るという事です。

 


「心」とは、
あなたの中の基本となる
魂とでもいいましょうか、
本質的なあなた自身です。

 

そして
「吾」とは、あなたの中の
思考とでも言いますか・・・

 

この
「心と思考」の差をとりましょう!
ということが「悟り」

という事なのです。

 


漢字をよく見てください。

 

「忄(心)」と「吾」で、
「悟り」ですね。

 

私たちは、産まれてきてから、
両親や学校、社会から
いろんなことを
勉強してきました。
これらの産物が思考です。

 

思考も、もちろん大事ですが、
あまりにも現実的、
物質的な考えに押されてしまって、
私たちは本質的な自分である
「心」を忘れかけているのです。

 

その結果、自分の考えが
正しいと思いすぎたり、
「我(が)」を
出し過ぎたりしてしまいます。

 

「我」=「吾」

具体的な例で
解りやすくお伝えしますね。
お子様の勉強について、
ご夫婦で喧嘩してしまう
シーンを思い浮かべてください。

 

 

二人は勉強しない子供に対して
「ゲームのさせすぎだ」とか
「あなたが言ってよ」などと
喧嘩しています。

 

自分の都合を優先させるが故に、
お互いが、我を張り合い
喧嘩してしまうのですね。

 

そうなんです。
この「我(が)」が、

「吾」という意味でも
あるのです。

漢字で書くと「我」も「吾」も、
「われ」と読みます。

 

本質的な二人の「心」は、
お子様の事を大事にしたいと
考えている・・・

 

生きていく上でとても重要

この様に「心」では
大事にしたいと

思っているのに、
我(吾)が出てしまうので、
望む結果が得られないのです。

 

こういう事って、
よくありますよね。

 

そうです。
「心」と「吾」の差を取る。
これは、あなた自身の中でも
起こっている事です。

 

本当はこっちがやりたいけれど、
こっちの方が〇〇だから
こっちにしようなどと、
「我」を出してしまった結果、
あまりいいことが起きなかった。

 

こんな事もあったのでは
ないでしょうか?

 

この様に
「心」と「吾」の差を取る、

「悟り」を得るというのは
生きていく上で
非常に重要なのです。

 

普段から
この「悟り」という事を
意識し、身に付けて行くと、
様々なシーンで
嬉しい出来事が起こります。

 

例えば
「どんなことでも、パッと解る能力」
実は、あなたにもその能力が
備わっています。

 

相手に対して「いつもありがとう」
って素直に言えたり、
困っている人に
「何かお手伝いしましょうか?」と、
自然に言えたりできたら
善いと思いませんか?

 

あなたにも、簡単にできますよ。

 

私たち悟学協会では、
誰もが本来持っている
「悟り」が得られるように、
「かしこい氣心」を、
具体的な方法で
お伝えしています。

 

「かしこい氣心とは」

 

(か)身体・感情
(し)神仏
(こ)言葉
(い)意識
(氣)氣
(心)心=魂

 

これらの仕組みが
総て解明できたので、
それを日常生活に
誰もが活用できる
テクニックにしたのです。

 

これは、単にチャネリングや
リーディング、天啓を受けて
解明したというものでは
ありません。

 

臨床経験36年、延べ20万人の
1つ1つの実体験から
導き出され、
構築されたものなのです。

 

あなたが、
この「かしこい氣心」を
習得する事で、心の悩み、
人間関係、健康、仕事、
お金の悩み、など、
スパッと解決する事ができます。

イベントもやっていますので、
是非、参加してみてください。

 

きっと、
今まで解決できなかった
問題や悩みが、時には一氣に
時には、少しずつ
解消されていくことでしょう。

 

あなたに、会える日を
楽しみにしていますね。

悟学協会 快長(かいちょう)
澤田 俊天(さわだ としたか)

悟学イベント

 

プロフィール 澤田俊天(としたか)

澤田俊天
 
国家資格柔道整復師
悟学協会設立 代表理事
からだ言葉セラピー協会設立 代表理事

整形外科での勤務を経てから、構造医学、整体、カイロプラクティック、オステオパシー、気功、ヒーリング、スピリチュアル療法など30種類以上の治療法を研究し、自身の治療院で効果をあげてきた。

身体の痛みと心の痛みに対する本質的な改善方法を述べ20万人の臨床から現場で検証。
その後、2001年「かしこい心のメカニズム学協会」を設立し(旧MTL)、心の癒しスクールを開校。

身体・感情・言葉・意識・氣・心の仕組みや、安全で効果的な活用方を指導。

全国の講演会への招致、FMラジオ、学校や教育機関で500回以上の講演を行い、各地域で大きな反響を得る。

自身が発行する情報誌では10年以上に渡り、精神や肉体の改善についての情報を発信し続けている。

著書「楽になる本 介護編」ウエイクアップ出版