「悟り」って何だと思いますか?

実は、本来人間は誰しもが「悟り」を得る必要があるって知ってましたか?

座禅を組む
感情は乱れない
何でもすぐに解る
ブッダの様になる

と思ってる人が多いようですが、実はそれだけではありません。

「悟り」とは

「心」と「吾(われ)」の差を取るという事です。

「心」とは、あなたの中の基本となる魂とでもいいましょうか、本質的なあなた自身です。

そして「吾」とは、あなたの中の思考とでも言いますか・・・

この「心と思考」の差をとりましょう!という事が「悟り」という事なのです。

漢字をよく見てください。
「忄(心)」と「吾」で、「悟り」ですね。

心を忘れかけている

私たちは、産まれてきてから、両親や学校、社会からいろんなことを教えてもらいました。

それら蓄積したものが、「いわゆる思考」=「あなたの考え方」ですね。

思考も、もちろん大事ですが、あまりにも現実的、物質的な考えに押されてしまって、

私たちは本質的な自分である「心」を忘れてかけているのです。

その結果、自分の考えが正しいと思いすぎたり、「我(が)」を出し過ぎたりしています。

具体的な例で解りやすくお伝えしますね。

お子様の勉強について、ご夫婦で喧嘩してしまうシーンを思い浮かべてください。

二人は勉強しない子供に対して「ゲームのさせすぎだ」とか「あなたが言ってよ」などと喧嘩しています。

自分の都合を優先させるが故に、お互いが、我を張り合い喧嘩してしまうのですね。

吾=我≒我欲

そうなんです。
この「我」が、実は「吾」と言う意味なのです。
漢字で書くと「我」も「吾」も、「われ」と読みます。

本質的な二人の「心」は、お子様の事を大事にしたいと考えている・・・

なのに「吾(我)」を優先して喧嘩になってしまう・・・

この様に「心」では大事にしたいと思っているのに、吾(我)が出てしまうので、望む結果が得られないのです。

こういう事ってよくありますよね。

そうです。「心」と「吾」の差を取る。
これは、あなた自身の中でも起こっている事です。

本当はこっちがやりたいけれど、こっちの方が〇〇だからこっちにしようなどと、「我」を出してしまった結果、あまりいいことが起きなかった。

そんな事もあったのではないでしょうか?

この様に「心」と「吾」の差を取る、「悟り」を得るというのは生きていく上で非常に重要なことなのです。

普段からこの「悟り」という事を意識し、実行すると、様々なシーンで嬉しい出来事が起こります。

例えば「どんなことでも、パッと解る能力」実は、あなたにもその能力が備わっています。

相手に対して「いつもありがとう」って素直に言えたり、困っている人に「何かお手伝いしましょうか?」と自然に言えたりできたら善いと思いませんか?

できますよ。

私たち悟学協会では、誰もが本来持っている「悟り」を得られるように、「かしこい氣心」を、具体的な方法でお伝えしています。

「かしこい氣心」とは

(か)身体・感情
(し)神仏
(こ)言葉
(い)意識
(氣)氣
(心)心=魂

これらの仕組みが総て解明できたので、

それを日常生活に誰もが活用できるテクニックにしたのです。

これは、単に天啓を受けて解明したというものではありません。

臨床経験37年、延べ20万人から導き出された、現実的な経験から構築されたものなのです。

あなたが、この「かしこい氣心」を習得する事で、心の悩み、人間関係、健康、仕事、お金の悩み、など、スパッと解決する事ができます。

是非私たちと一緒に、日々の生活の中で「悟り」を得ていきませんか?

悟り神社ツアー

 

 

プロフィール

澤田俊天

 

澤田 俊天(としたか)

悟学協会 代表理事
からだ言葉セラピー協会 代表理事
有限会社エムテイエル 代表取締役
国家資格柔道整復師

1987年に兵庫県に澤田接骨院を開院。11年間順調に患者数が増え続ける。

「本質的な治療」「病気の根本原因」を知るために、既存のあらゆる方法を研究する。整形外科勤務、構造医学、整体、カイロプラクティック、アトラスオーソゴナル、礒谷療法、キネシオテープ療法、スパイラルテープ療法、寂動整体、氣功、ヒーリング、スピリチュアルなど、様々な療法を学び続けたが、治療理論と実際の効果に差があることに納得がいかず、「本質的な治療」「根本原因」を模索する。

それには理由があり、自身が14歳の時に、突発性頭痛を発症。大学病院で検査するが原因不明と診断される。以後、自分だけが異常なのかと不安を持ちながらも、年に5~6回発症。病院に行き注射や投薬をするが、痛みはまったく消えなかった。(後に片頭痛とわかる)

延べ20万人以上を施術し、たくさんの患者さんを楽にすることはできたが、ほとんど効果が出ない患者さんがいることや、自分の片頭痛の症状はまったく変わらず、「本質的な治療」を求めて1998年に上京。

常に「本質的な治療」を研究し、言葉だけで病気を治す「からだ言葉セラピー」を開発。

カラダの病気は、カラダが発してくれている「言葉」である。その「言葉」の意味を知るためのヒントは、からだの医学的な機能を知り、日本語を注意深く監察すること。そのカラダからの「言葉」を誰もが解るように症状別に全身体系化したのが「からだ言葉セラピー」。スクールを開講して300人以上の生徒を輩出する。医者に肝嚢胞の手術を宣告されたにも関わらず、言葉だけで完治させた卒業生もいる。この方法で、30年近く苦しめられた自身の片頭痛も克服。

「からだ言葉セラピー」を発展させた「悟学(さとりがく)」は、人生総てを好転させることが可能。

悟りとは、心と吾の差を取ること
心に素直になり、心の声を聴くこと
具体的には、「かしこい氣心」を、体得すれば善い。

(か)身体、感情・(し)神仏・(こ)言葉・(い)意識・氣・心の、7つのメカニズムが解ると、もっと楽な生き方が誰にでもできます。悩みが減ります。願望が達成できます。

人は苦しみ悩むために生まれてきたのではないのです。
それを世界中の人々に伝えています。講演も500回以上。

著書「楽になる本 介護編」ウエイクアップ出版